グリストラップ処理装置

グリストラップは厨房排水に含まれる油脂を分離処理する目的で昭和51年の建設省告示1597号で設置が義務付けられた装置です。
本来は浄化槽や河川で処理しにくい油脂が下水道に流れ込まないようにする目的で設置されたものですが、この装置は必ずしも現状にそぐわず生ごみや油脂が処理されないまま悪臭・排水管詰まり等の原因となっている所が多いのが実情です。

これらの問題を解決すべく、微生物処理等様々なサービスが市場で提供されていますが、これと言った決め手となる処理技術はこれまで見当たらず、結局は頻繁に汚泥引き抜きをしなければならないケースが殆どです。
そこで源麹研究所では強力な分解能力を持つ独自の微生物を使った油脂分解処理技術を開発、簡単な装置で短時間に驚異的な効果が得られるようになりました。

しかしながらグリストラップ内に流入する生ごみ類を定期的に除去する為に設置されている屑篭の掃除不足や、油脂以外の澱粉質等が分解されず滞留する結果、仮に油脂が分解されたとしても、腐敗・悪臭が無くならないケースが多いのも現実です。
従って、そうした流入物の殆どを分解処理する新技術を確立し、新製品グリストラッパーGXをリリースしました。

グリストラップ処理装置



特許5238513号